自由に意見を発言してはいけないのか?再び。(いや、度)

特攻(作戦と、その隊員)は戦争の犠牲者の最たるものと私は考えます。

特攻隊の攻撃で日本が戦争に勝てると、当時の軍部も本気で思っていなかったことは明白だろうと。

なので、特攻を無駄死にと片付けることも、必要以上に美化することも、等しく特攻隊員に対する侮辱だと思っています

(原文のすべて)

とコメントしたらものの見事にスルーですよ。

とある有名人ブログの今日の記事で、戦争や特攻隊について触れられた内容に対して私がコメントしたものの全文(上記)です。

またしてもスルーされた理由は私には分かりません。

何がいけないんでしょうか?

内容が過激なんでしょうか?

何かがいけない、もし内容が過激だとしても、それを誰が公平にジャッジする(できる?)んでしょうか?アメブロ監視員さん、どうか教えてくれませんか?

先の大戦下で特攻隊員の命ほど、軽んじられたものはないと私は思います。

国を守るため、愛する家族を守るためだと、半ば強制的に理念を押しつけられ、義務に駆られて死地に挑んで亡くなっていかれた特攻隊員の皆さん。

彼らが無駄死になどと誰が言えますか?

それを言うなら、特攻隊員を死地へと向かわせた当時の日本軍部をこそ徹底的に糾弾すべきだろうと。

ひとりひとりの人命の重さを云できないのが戦争という名の極限の状況下だとしても、よくもまあ特攻隊で死んでくれなどと、どの口が言えたものだなと。

その意味で、特攻隊員の死を無駄死になどとは誰にも言えませんし、また彼らの死を私は美化しません。

美化することも彼らに対する冒涜に思えます。

もちろん、尊く若い多くの命が散って行ったことは今なお悲しむべきことですが、その不幸の全てをもたらした戦争の愚かさを度外視しては不毛な議論になるだけかなと。

いやはや、たまに柄にもなく真面目なブログを書くと目眩しますわ。

(おしまい)