蘇州軌道交通の旅30

今日は地下鉄2号線の北の端である騎河チーフアの紹介です。

前回紹介した高鉄蘇州北駅から2つ北に行ったところです。

じつは1年前までは高鉄蘇州北駅が一番北だったのですが、2016年秋に2駅伸びました。

そして、この騎河駅の構造を見ると、さらに北に伸ばす計画があるようです。

この駅には他の駅と同様、2つのプラットフォームがありますが、その内のひとつは南から来る電車が到着するプラットフォームで、そこには本来このプラットフォームは方面行きですよと書いてある箇所に終点駅と書いてあります。

もうひとつのプラットフォームには桑田島方向という表示があります。

桑田島というのは2号線の南側の終点です。

ところが、現時点で桑田島方向に行く電車は、桑田島方向と書いてあるプラットフォームから出る訳ではなく、終着駅と書いてあるプラットフォームに到着した電車がそのまま折り返し運転します。

つまり、桑田島方向と書いてあるプラットフォームは現時点では使われておらず、将来的に路線がもっと北へ伸びた時に使う為のものだということです。

この為、改札階からプラットフォームにエスカレーターで降りると、客を桑田島方向と書いてあるプラットフォームとは逆方向へ誘導する案内板と仕切りがあります。

2号線が更に北に伸びるのがいつのことなのか知らないのですが、個人的にはぜひ僕が蘇州にいる間に伸びて欲しいと思います。

2号線がもうちょっと北に伸びると常熟市に入るので、地下鉄で隣の市に遊びに行ける時代になるのです。

こちらに書きましたように、常熟市は広義の蘇州市の一部なのですが、一般の市民生活の感覚では隣の市です。

さて、ホンの1年前まで存在しなかった騎河駅ですが、蘇州市政府はこの殆ど何もない地域をどんどん開発して行く意向のようです。

まず、この駅は地下鉄駅なのに、地上5階建てくらいの建物になっています。

とは言え、現時点では1階より上に行くことはできず、階段があると思われる区域は閉鎖されています。

将来的にショッピングセンターにでもするつもりなのでしょうか。

駅から外に出ると、西側と東側に全く異なる風景が広がっています。

まずは西側ですが、広大な野原が広がっています。

写真が小さくて見えづらいと思いますが、遠くに高鉄蘇州北駅が見えます。

さっき書きましたように、高鉄蘇州北駅は隣の駅ではなく、2つ先の駅です。

2つ先の駅まで広大な野原が広がってるわけです。

この野原は騎河駅のところで終わりで、それ以上北には広がっていません。

後ほど書きますが、地形的にこれより北には行けないようになっているのです。

そして、この野原の北の端には相融路高鉄新城という看板が。

この広大な野原に高鉄ニューシティというものを作る計画があるようなのです。

一方、駅の東側はすでに開発が進んでいます。

環秀湖花園という広大なアパート区域が広がってるのです。

一番端の数棟はまだ建設中ですが、大部分の建物は既に完成しており、人も住んでいるようです。

環秀湖花園は南北に長い広大なアパート区域で、下の地図でわかるように、隣の駅である富翔路駅から騎河駅まで続いています。

ということで、地下鉄で一駅戻って富翔路駅で降り、環秀湖花園の南の端を確認して来ました。

下の写真の手前にあるのが富翔路駅の入り口、後ろの建物の一番左が環秀湖花園の南端の棟です。

これだけ広大なアパート区域だと、別の棟に住んでいる友達に会いに行くのに、わざわざ地下鉄に乗るんでしょうかね?

さて、高鉄新城も環秀湖花園も騎河駅が北の果てで、それより北には広がっていません。

では、この駅よりも北はどうなっているのでしょう?

この写真が駅から出て北を向いたところなのですが、道路が行き止まりになって、その向こうには木が茂っています。

木が茂っている地帯に近づくと軍事施設という不穏な文字が。

この木の向こうに軍事基地が広がっているのでしょうか?

しかし、木の間から覗いてみると、荒れ果てた農地と高圧電線が見えるばかりですし、この区域内に入ることも制限されていないようです。

そんな風に不思議に思っていると、後ろから突然、機関銃のような激しい音が!!

人民解放軍に狙撃されたのか?!と思いましたが、どこにも痛みは感じません。

恐る恐る後ろを振り返ってみると、そこには

爆竹で遊んでいる若者たちがいました笑

よく周囲を見回してみると、軍事施設の正体は国防用の光ファイバーが地下に埋設してあるとのことでした。

ということで、道路がこれ以上北に続いていないのは、軍事施設だからではなく、単に高圧電線の存在が理由のようです。

もちろん、東西に少し迂回すれば、ちゃんと更に北に行ける道路があります。

本当はこの道を北に進んで常熟市まで行って見たかったのですが、スマホで調べてみると自転車で40分くらいかかるようなので、今回は断念しました。

早く2号線がもっと北まで伸びないかなぁ。

ということで、2号線を北へ向かう旅は今回で終了です。

次回からは南を目指します。

第29回高鉄蘇州北駅へ

目次へ